スフィンクスか、ロボットか

レーナ・クルーン 著 ; 末延弘子 訳

身のまわりに起こりうる断片的な出来事を、子どもの純粋で明晰な視点を通し、存在することの可能性や意味を問いかける、フィンランドの作家レーナ・クルーン初邦訳の『スフィンクスか、ロボットか』『太陽の子どもたち』『明かりのもとで』3篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スフィンクスか、ロボットか
著作者等 Krohn, Leena
末延 弘子
クルーン レーナ
書名ヨミ スフィンクス カ ロボット カ
書名別名 Auringon lapsia

Kotini on Riioraa

Sfinksi vai robotti
シリーズ名 はじめて出逢う世界のおはなし フィンランド編
出版元 東宣
刊行年月 2012.8
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-88588-077-3
NCID BB11577452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フィンランド語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想