日露戦争と世界史に登場した日本 : 日本人に知られては困る歴史

若狭和朋 著

[目次]

  • 序章 「日本人の知ってはならない歴史」とは
  • 第1章 情報戦争に敗北した日本
  • 第2章 日韓併合だけが韓国の滅亡を救った
  • 第3章 悲惨の極み、李朝時代の朝鮮人
  • 第4章 日露戦争後、アメリカの仮想敵国は日本
  • 第5章 「住みよい国・日本」の弱点
  • 第6章 国際的視力に欠けた日本の発想
  • 第7章 支那事変を仕掛けたのは蒋介石だった
  • 第8章 日露戦争の勝利を総括せず

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日露戦争と世界史に登場した日本 : 日本人に知られては困る歴史
著作者等 若狭 和朋
書名ヨミ ニチロ センソウ ト セカイシ ニ トウジョウ シタ ニホン : ニホンジン ニ シラレテワ コマル レキシ
書名別名 Nichiro senso to sekaishi ni tojo shita nihon
出版元 ワック
刊行年月 2012.9
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89831-189-9
NCID BB10934973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想