検察崩壊 : 失われた正義

郷原信郎 著

緊急対談!「権力のウソ」すべて暴きます。法治国家最大の危機、"検察問題"の流れを変える一冊!"ごまかし"、"詭弁"だらけの「最高検報告書」全文掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭特別対談 郷原信郎×小川敏夫-「検察は今後50年信頼回復できない」(都合のいい言葉を集めただけの最高検報告書
  • 反訳書を見ないと騙される ほか)
  • 第1章 郷原信郎×石川知裕-小沢氏元秘書が語る"田代取調べ室の真実"(「小沢対検察の戦争」という構図
  • 小沢氏の強制起訴は検察のシナリオ通り? ほか)
  • 第2章 郷原信郎×大坪弘道-元特捜部長が反省悔悟、そして検察批判(最高検報告書への発言に込めた検察への思い
  • 東西で起きた問題への検察の対処の極端な違い ほか)
  • 第3章 郷原信郎×八木啓代-ネット時代の市民が検察を追い詰める(素人集団が始めた検察との戦い
  • メキシコで起きた「小沢事件」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検察崩壊 : 失われた正義
著作者等 郷原 信郎
書名ヨミ ケンサツ ホウカイ : ウシナワレタ セイギ
書名別名 Kensatsu hokai
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2012.8
ページ数 217,7,28p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-620-32147-9
NCID BB10177175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想