基本から学ぶパワーエレクトロニクス

松瀨貢規, 齋藤涼夫 著

再生可能エネルギーの開発が活発になり、電力の変換制御や電力の有効利用のエネルギーインフラ、およびスマートグリッドなど電力と情報を融合させる基盤技術としてパワーエレクトロニクスは、電気電子工学の重要な学術分野になっている。本書では、その基本を習得するため、まず電気回路の過渡現象とキャパシタやインダクタの基礎的性質を述べ、つぎにパワー半導体デバイスの基本特性と整流回路やインバータなどの半導体電力変換回路の動作原理と基本特性を記述し、実際の応用で留意すべき基本的な内容や適用技術の基礎となる事項を取り上げ解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 パワーエレクトロニクスとは
  • 第1章 電力変換回路の基礎
  • 第2章 パワースイッチング回路の基本性質
  • 第3章 パワー半導体デバイスの基本特性
  • 第4章 パワー半導体デバイス適用の基本
  • 第5章 交流‐直流変換回路の基本動作と特性
  • 第6章 直流‐交流変換回路の基本動作と特性
  • 第7章 直流‐直流変換回路の基本動作と特性
  • 第8章 交流‐交流変換回路の基本動作と特性
  • 第9章 システムの構成と制御の基本
  • 第10章 電動機制御システムの基本
  • 第11章 電力利用・発生・輸送用パワーエレクトロニクスの基本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基本から学ぶパワーエレクトロニクス
著作者等 松瀬 貢規
齋藤 涼夫
書名ヨミ キホン カラ マナブ パワー エレクトロニクス
書名別名 Kihon kara manabu pawa erekutoronikusu
出版元 オーム社
電気学会
刊行年月 2012.8
ページ数 319p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-88686-287-7
NCID BB10211218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想