パブリック・ガバナンスの視点による地方公会計制度改革 = Reforms of Local Government Accounting in Japan

遠藤尚秀 著

地方分権時代に相応しい自治体行政運営を目指して。「地方自治の母国」である英国の地方公会計制度を詳細に分析・究明し、わが国の地方公会計制度改革の方向性を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 パブリック・ガバナンスの視点による地方公会計制度研究の意義
  • 第1章 パブリック・ガバナンス論とパブリック・ガバナンス原則
  • 第2章 英国自治体に関する行財政改革とガバナンスの諸要素
  • 第3章 公的説明責任の確保:財務報告制度
  • 第4章 ビジョンの創造と実践:原価計算制度と予算制度
  • 第5章 有効な監視とリスク・マネジメント(1):財務諸表監査制度
  • 第6章 有効な監視とリスク・マネジメント(2):業績監査制度
  • 第7章 有効な監視とリスク・マネジメント(3):内部統制制度と内部監査制度
  • 第8章 わが国における地方公会計制度改革への示唆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パブリック・ガバナンスの視点による地方公会計制度改革 = Reforms of Local Government Accounting in Japan
著作者等 遠藤 尚秀
書名ヨミ パブリック ガバナンス ノ シテン ニ ヨル チホウ コウカイケイ セイド カイカク
書名別名 Reforms of Local Government Accounting in Japan
出版元 中央経済社
刊行年月 2012.9
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-45690-9
NCID BB10209340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想