家庭教育の再生

高橋史朗 著

学級崩壊、児童虐待…と現在、学校教育、家庭教育は無政府状態といって過言ではない状況に陥っている場所もある。これらを正常化するには、幼児教育の建て直しからはじめ親心、親孝行の心を復活するところからやり直すしかない。最新の脳科学研究が明かした合理的な対応策は、日本人が昔から家庭で行ってきた伝統的子育てだった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の再生は教育の再生から(子供たちにいま何が!?「新型学級崩壊」の背景にあるもの
  • 道徳の土台は愛着形成
  • 星空を「じんましん」と言った小学生 ほか)
  • 第2章 教育再生への課題と展望(「親学」の原点
  • 児童中心主義が教育荒廃の原因
  • 日本人の遺伝子をオンにする ほか)
  • 第3章 親を支援するための「親学」(「愛着形成の不足」と「愛情不足」は明確に違う
  • 全国に広がりつつある「親学」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家庭教育の再生
著作者等 高橋 史朗
書名ヨミ カテイ キョウイク ノ サイセイ : イマ ナゼ オヤガク オヤモリウタ カ
書名別名 今なぜ「親学」「親守詩」か。

Katei kyoiku no saisei
出版元 明成社
刊行年月 2012.9
ページ数 80p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-905410-13-3
NCID BB21599032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想