いかずち切り

山本一力 著

巨大な騙りにまんまと引っかかった札差に泣きつかれ五万両の奪還に乗りだしたのは、江戸の裏金融界でその名を知られた「いかずちの弦蔵」。「一番大事なことは、カネをどう受け取るかの段取りだ」-江戸と大坂を股にかけ、弦蔵と騙りの一味が智恵と度胸の大勝負!迫力と興奮のノンストップ傑作時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いかずち切り
著作者等 山本 一力
書名ヨミ イカズチギリ
書名別名 Ikazuchigiri
シリーズ名 文春文庫 や29-18
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.9
ページ数 547p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-767018-4
NCID BB10177867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
しゃがみ屋 山本 一力
騙り屋 山本 一力
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想