近代ヨーロッパの探究  14

望田幸男, 村岡健次 監修

イギリスの産業革命の最終段階で生まれた鉄道は、ヨーロッパ各地やアメリカなどに急速に普及し、それぞれの国の工業化、経済の効率化に大きく貢献することになった。鉄道はその伝播、浸透によって社会や人々にどのような影響を与えたのか。本書は、鉄道の誕生からさかのぼり、さらに小説や絵画の描写なども踏まえ、鉄道=近代文明のもつ光と影をよみとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 鉄道の発生と世界への普及-イギリスの鉄道建設労働者が海外へ
  • 第1章 イギリスの鉄道-ユーロスターの発着駅
  • 第2章 文化の中を走り抜けた鉄道-レールが投げた光と影
  • 第3章 フランスの鉄道‐国家と民間のはざまで-鉄道資本の興隆と再編
  • 第4章 ドイツにおける鉄道の中央集権化と領邦‐統一に向かって線路は続く-鉄道分邦主義の克服
  • 第5章 アメリカの鉄道‐その光と影-南北戦争と鉄道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ヨーロッパの探究
著作者等 小池 滋
小野 清之
望田 幸男
村岡 健次
松永 和生
湯沢 威
田中 俊宏
書名ヨミ キンダイ ヨーロッパ ノ タンキュウ
書名別名 鉄道
巻冊次 14
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.9
ページ数 342,17p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05260-8
NCID BB10063959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アメリカの鉄道 小野清之
イギリスの鉄道 湯沢威
ドイツにおける鉄道の中央集権化と領邦 松永和生
フランスの鉄道 田中俊宏
文化の中を走り抜けた鉄道 小池滋
鉄道 小池滋, 小野清之, 松永和生, 湯沢威, 田中俊宏
鉄道の発生と世界への普及 湯沢威
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想