仕事の経営学 : 職務の機能と進路を考える

川村稲造 著

実社会のさまざまな「仕事」の面白さや難しさを、進路を考える学生諸君がいきいきとイメージできるような講義は、はたして可能か?本書は、36年間の会社人生ののち教壇に立った大学教授が実際に取り組んだ、「仕事の経営学」への一つの試みであり、社会人となる学生諸君へのメッセージである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「仕事」とは何か?-「見える仕事」と「見えない仕事」
  • 第2章 何が価値を生み出すのか?-事業システムと職務機能のつながり
  • 第3章 営業・マーケティング-顧客は何を買っているのか?
  • 第4章 購買・調達-トレードオフとWin‐Win
  • 第5章 工程・ロジスティクス-「仕事の生産性」を飛躍的に上げる
  • 第6章 経理・会計-計数を作り、数字で考えるという仕事
  • 第7章 人事・組織-人を見抜き、人に見抜かれる仕事
  • 第8章 経営・企画-計画のできばえと組織の力学
  • 第9章 理想の仕事-仕事に何を求めるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仕事の経営学 : 職務の機能と進路を考える
著作者等 川村 稲造
書名ヨミ シゴト ノ ケイエイガク : ショクム ノ キノウ ト シンロ オ カンガエル
書名別名 Shigoto no keieigaku
出版元 白桃書房
刊行年月 2012.9
ページ数 204p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-561-25593-2
NCID BB10137352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想