北京大学中国経済講義

林毅夫 著 ; 劉徳強 訳

中国や他の発展途上国の知識人は、政治、経済、及び他の社会的側面を含め、あらゆる面において自分の国を深く理解すべきである。それを通じて、彼らは自国の近代化の性質、課題とチャンスを捉える理論的枠組みを創造的に構築することができる。この本は、そのような方向に向けた1つの試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国経済発展のチャンスと課題
  • なぜ、科学革命と産業革命が中国で起きなかったのか
  • 近代の屈辱と社会主義革命
  • 比較優位に反するキャッチアップ戦略と伝統的な経済システム
  • 企業の自生能力と要素賦存
  • 比較優位に従う発展戦略
  • 農村改革と三農問題
  • 都市改革と残された問題
  • 国有企業の改革に向けて
  • 金融改革
  • デフレ拡大と社会主義新農村建設
  • 市場システムの完備、公平と効率の促進、調和のとれた発展の実現
  • 新古典派理論への反省
  • グローバル・インバランス、準備通貨と世界経済のガバナンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北京大学中国経済講義
著作者等 Lin, Justin Yifu
劉 徳強
林 毅夫
書名ヨミ ペキン ダイガク チュウゴク ケイザイ コウギ
書名別名 Demystifying the Chinese Economy
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.9
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-44391-0
NCID BB10137501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想