東京が威張ると日本は大凶

犬丸勝子, イヌマルミツカ 著

[目次]

  • 第1部 憲法改正する前に
  • 第2部 太平洋戦争(大東亜戦争)前から敗戦後の預金封鎖までの流れ
  • 番外編 日露戦争の結末と太平洋戦争の結末の簡単な比較
  • 第3部 (太平洋戦争(大東亜戦争)のシミュレーション
  • 一票しかない国民(有権者サイド)から見て憲法改正のメリット
  • 戦争末期から戦後にかけての現実)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京が威張ると日本は大凶
著作者等 イヌマル ミツカ
犬丸 勝子
書名ヨミ トウキョウ ガ イバル ト ニホン ワ ダイキョウ
出版元 星雲社
櫂歌書房
刊行年月 2012.8
ページ数 183p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-434-17041-6
全国書誌番号
22145852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想