カナダの憲法 : 多文化主義の国のかたち

松井茂記 著

イギリスの植民地法から出発し、アメリカ憲法とも異なる独自の発展を遂げてきたカナダ憲法。公的機関で英語とフランス語を使用できる「言語権」や先住民の権利を保障する規定などで知られ、多文化主義と少数者尊重を旨とする社会の構築をめざしてきた。このカナダ憲法の全体像を、一般市民に向けてわかりやすく解説。第24回カナダ出版賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 01 カナダ憲法の歴史
  • 02 カナダの憲法
  • 03 統治のシステム
  • 04 裁判所
  • 05 連邦主義
  • 06 連邦議会の主要な権限
  • 07 個人の権利の保障
  • 08 信教の自由
  • 09 表現の自由
  • 10 平等権
  • 11 民主的権利
  • 12 法的権利
  • 13 言語権
  • 14 先住民の権利
  • 15 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カナダの憲法 : 多文化主義の国のかたち
著作者等 松井 茂記
書名ヨミ カナダ ノ ケンポウ : タブンカ シュギ ノ クニ ノ カタチ
書名別名 Kanada no kenpo
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.8
ページ数 347p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025853-1
NCID BB09915483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想