中世学僧と神道 : 了誉聖冏の学問と思想

鈴木英之 著

諸宗派の仏教教理のみならず、神祗信仰や聖徳太子信仰、和歌や儒教など、中世の主要な思想・信仰・文学を包括的に修め、浄土宗義・地位の確立に生涯を捧げた了誉聖冏。のちに浄土宗第七祖として尊崇された高僧による「兼学」の様相をその神道関係著作に探り、中世日本の学問のかたちを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 初期の著作にみる学問と思想(聖冏の神道論概観
  • 『鹿島問答』における本地垂迹説
  • 『鹿島問答』における聖徳太子-本尊にまつわる問答から
  • 伝聖徳太子述作『説法明眼論』の性格と流布-中世太子信仰の一齣
  • 聖冏教学における聖徳太子-『説法明眼論』の受容をめぐって
  • 聖冏の漢籍受容-中世浄土宗における孝道の位置づけ)
  • 第2部 晩年の著作にみる学問と思想(晩年の神道関係著作について
  • 『麗気記』所収「神体図」の受容と展開-聖冏・良遍著作の検討から
  • 『麗気記私鈔』『麗気記神図画私鈔』の考察-聖冏の神道図像学
  • 『麗気記拾遺鈔』における神体-教祖判釈される神々)
  • 資料篇(筑波大学蔵『麗気記私鈔』『麗気記神図画私鈔』解題・翻刻
  • 称名寺蔵・金沢文庫保管『説法明眼論』解題・翻刻
  • 真誉相関撰『了誉上人伝』解題・翻刻)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世学僧と神道 : 了誉聖冏の学問と思想
著作者等 鈴木 英之
書名ヨミ チュウセイ ガクソウ ト シントウ : リョウヨ ショウゲイ ノ ガクモン ト シソウ
書名別名 Chusei gakuso to shinto
出版元 勉誠
刊行年月 2012.8
ページ数 356,15p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-21009-2
NCID BB10092797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想