認知症の人のつらい気持ちがわかる本 : 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる

杉山孝博 監修

「不安」「恐怖」「悲しみ」「焦り」の感情回路。症状が進むにつれて、「思い」は、どう変化していくのか?認知症の人が生きている世界とは?理解すれば、寄り添い方と介護のコツが見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自分を失っていく不安と恐怖(心配-疲れ?なにかがおかしい
  • 困惑-日常生活に困ることが起こる ほか)
  • 2 自分にできることをしておきたい(準備-今後に起こりそうな問題を考える
  • 支援-誰かに助けてもらいたいけど ほか)
  • 3 寂しい日々だけど喜びもある(孤独-人とのかかわりがなくなって寂しい
  • 生きがい-できることもあると、わかってほしい ほか)
  • 4 認知症の人がすんでいる世界を理解する(記憶障害1-忘れたということに気づいていない
  • 記憶障害2-昔のことほどよく覚えている ほか)
  • 5 こんなとき、どうする?-気持ちに寄り添って(すすめても病院に行こうとしない
  • 近所の人に家族の悪口を言いふらす ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知症の人のつらい気持ちがわかる本 : 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる
著作者等 杉山 孝博
書名ヨミ ニンチショウ ノ ヒト ノ ツライ キモチ ガ ワカル ホン : フシギ ナ ココロ ノ メカニズム ガ ヒトメ デ ワカル
書名別名 Ninchisho no hito no tsurai kimochi ga wakaru hon
シリーズ名 イラスト版
こころライブラリー
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 98p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-278968-4
NCID BB10432294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想