誰も知らなかったココ・シャネル

ハル・ヴォーン 著 ; 赤根洋子 訳

ドイツ占領下のフランス。外交官を名乗るドイツ人大物スパイの愛人となったシャネルは、ナチスの謀報活動に従事する。ナチスの狙いは、イギリス国王の従弟の元愛人でもあり、チャーチルにも通じる彼女の人脈だった。ピカソ、コクトー、イギリス国王、ロシア皇帝の従弟とも親交を結び、戦時下を生き延びた怪物シャネル。ベルリン陥落時にソ連軍が奪取した文書を、フランス在住のアメリカ人ジャーナリストが発掘。衝撃の事実を描いた異色の評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 修道院の反ユダヤ教育
  • 第2章 No.5誕生
  • 第3章 英国王室の傘のもとで
  • 第4章 ハリウッド進出
  • 第5章 ディンクラーゲという男
  • 第6章 お針子たちのストライキ
  • 第7章 ホテル・リッツ
  • 第8章 ナチスのスパイとなる
  • 第9章 香水利権争奪戦
  • 第10章 ヒムラーの密使
  • 第11章 なぜ対独協力の罪に問われなかったのか
  • 第12章 過去を封印する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰も知らなかったココ・シャネル
著作者等 Vaughan, Hal
赤根 洋子
ヴォーン ハル
書名ヨミ ダレモ シラナカッタ ココ シャネル
書名別名 SLEEPING WITH THE ENEMY

Daremo shiranakatta koko shaneru
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.8
ページ数 410p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-375510-6
NCID BB10173276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想