紙一重の民主主義

山崎広太郎 著

戦後、長い間ないがしろにされてきた国民主権。このままでは民主主義が機能する筈がない。オリンピック誘致で東京と最後まで闘った"反骨"の元福岡市長、渾身の提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民主主義と国民の自覚(国民主権へのこだわり
  • なぜ、国民主権の自覚が必要か ほか)
  • 第2章 小論「紙一重の民主主義」(YESから始めよう
  • 変化、変革への可能性 ほか)
  • 第3章 力強い民主主義の実現(決定し、実行する民主主義
  • 待ったなしの国民主権)
  • 第4章 国民主権確立の具体的方法論(法律の整備と成文化
  • 主権者教育の実現 ほか)
  • 第5章 市民主権の実践(民主主義の学校
  • 行政経営改革 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紙一重の民主主義
著作者等 山崎 広太郎
書名ヨミ カミヒトエ ノ ミンシュ シュギ
出版元 PHPパブリッシング
刊行年月 2012.8
ページ数 153p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-904302-96-5
NCID BB11094765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想