人間発達と介護労働

石田一紀 著

[目次]

  • 第1部 介護労働の普遍的特性(労働特性の分析視点
  • サービス労働の特性と介護労働
  • 家事労働から学ぶ介護労働の特性
  • 介護労働の普遍的な特性
  • 資本主義と家事労働
  • 家事労働が専門職として社会的分業化、社会制度化していく規定要因
  • 補論1 労働という視点から見た先行研究の到達点と課題
  • 補論2 介護の本質規定-その到達点と課題
  • 補論3 ソーシャルワークと介護労働)
  • 第2部 介護労働の歴史的規定(資本主義の発展とソーシャルワークの社会化
  • アメリカにおけるケースマネジメント
  • 介護の対象-その経済的規定と生活問題分析
  • 介護保険制度の本質と介護労働
  • 介護労働の変容と介護報酬)
  • 第3部 介護過程論の構築に向けて(介護過程論の現状と課題
  • 生活・自立、発達ということ
  • 介護過程の展開1 訪問当初-「この人は安心できる人」と受けとめてもらえるまで
  • 介護過程の展開2 訪問初期-寄りそうという視点で、生活全般をアセスメントする時期
  • 介護過程の展開3 訪問中期-自己への肯定感・存在感・共感が実感できる生活の場
  • 介護過程の展開4 展開期-その人らしさに光を当てたケアプランの実践
  • 介護過程の構成要素となる基本視点とその他畏兄か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間発達と介護労働
著作者等 石田 一紀
書名ヨミ ニンゲン ハッタツ ト カイゴ ロウドウ
出版元 かもがわ
刊行年月 2012.9
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7803-0545-6
NCID BB10161095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想