金沢の工芸土壌 : 加賀藩御細工所の潮流

小松喨一 著

工芸王国はいかにして築かれたのか。加賀藩御細工所からの歴史を明快にひもとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 加賀藩の文治政策とその背景
  • 第2章 御細工所の組織運営
  • 第3章 御細工所の工芸技術
  • 第4章 変革と波乱の時代
  • 第5章 御細工所の廃止と殖産の流れ
  • 第6章 新たな工芸意識と人材育成
  • 第7章 情報と新たな工芸概念
  • 第8章 金沢卯辰山工芸工房が求める姿
  • 第9章 価値の創造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金沢の工芸土壌 : 加賀藩御細工所の潮流
著作者等 小松 喨一
小松 〓一
書名ヨミ カナザワ ノ コウゲイ ドジョウ : カガハン オサイクショ ノ チョウリュウ
出版元 北国新聞社
刊行年月 2012.8
ページ数 146p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8330-1890-6
NCID BB10155194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22169813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想