企業価値評価  上

マッキンゼー・アンド・カンパニー, ティム・コラー, マーク・フーカート, デイビッド・ウェッセルズ 著 ; 本田桂子 監訳 ; 柴山和久, 中村正樹, 三島大輔, 坂本教晃, 坂本貴則, 桑原祐 訳

繰り返すバブルの膨張と終焉-。しかし市場はファンダメンタルズを反映し、正しく企業を評価している。6年ぶりの改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 原理編(なぜ企業価値か?
  • 価値創造の基本原則
  • 期待との際限なき闘い
  • 投下資産利益率(ROIC)
  • 成長とは何か)
  • 第2部 実践編(企業価値評価のフレームワーク
  • 財務諸表の組み替え
  • 業績および競争力の分析
  • 将来の業績予測
  • 継続価値の算定
  • 資本コストの確定
  • 企業価値から1株当たりの価値へ
  • 企業価値の算定と結果の分析
  • マルチプル法による企業価値評価の検証)
  • 第3部 創造編(企業価値はROICと成長率で決まる
  • 市場は形式ではなく実体を評価する
  • 市場心理と価格乖離
  • 効率的市場における投資家と経営者)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業価値評価
著作者等 Goedhart, Marc H
Koller, Tim
McKinsey and Company
Wessels, David
マッキンゼーアンドカンパニー
三島 大輔
中村 正樹
佐藤 克宏
加藤 智秋
岡 玄樹
本田 桂子
柴山 和久
ウェッセルズ デイビッド
コラー ティム
フーカート マーク
中村 弥生
坂本 教晃
坂本 貴則
桑原 祐
田中 宏隆
マッキンゼー
書名ヨミ キギョウ カチ ヒョウカ : バリュエーション ノ リロン ト ジッセン
書名別名 VALUATION

バリュエーションの理論と実践

Kigyo kachi hyoka
巻冊次
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2012.8
版表示 第5版
ページ数 478p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-478-01796-8
NCID BB10115327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想