井上ひさしの劇世界

扇田昭彦 著

日本文学と演劇に多大な影響を与えた井上ひさし。その活動の軌跡を、現代演劇評論の第一人者であり、井上ひさしと交流のあった著者が丹念に浮かび上がらせる。巻末には詳細な「井上ひさし年譜」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 作家論・作品論・人物論(神ある道化-井上ひさし論
  • 井上ひさしのおかしな世界 ほか)
  • 第2部 井上ひさし氏追悼(笑いの底に不条理への怒り-井上ひさし氏を悼む
  • 「遅筆」の背後にあったもの ほか)
  • 第3部 井上ひさし劇の劇評(牧歌的物語を風刺劇に逆転-『十一ぴきのネコ』劇評
  • 文句なしに笑える-『日本人のへそ』(再演)劇評 ほか)
  • 第4部 作品評・解説・書評(愛と救済のナンセンス-『ブンとフン』解説(文庫版)
  • 愛着と批判と笑いの爆弾-『日本人のへそ』『表裏源内蛙合戦』解説(文庫版) ほか)
  • 「井上ひさし論」余論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 井上ひさしの劇世界
著作者等 扇田 昭彦
書名ヨミ イノウエ ヒサシ ノ ゲキセカイ
書名別名 Inoue hisashi no gekisekai
出版元 国書刊行会
刊行年月 2012.8
ページ数 458,46p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-336-05495-1
NCID BB10151604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22166742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想