超心理学 : 封印された超常現象の科学

石川幹人 著

超心理学の研究内容や成果を解説するとともに、それらが学問として受けいれられない背景を明らかにし、科学のあるべき姿を問う。テレパシー、透視、念力などの解明を目指す学問の第一人者による、渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 超心理学の実態(テレパシーの証拠をつかんだ
  • 米軍の超能力スパイ作戦
  • 超能力の実在をめぐる懐疑論争)
  • 第2部 封印する社会とメディア(奇術師たちのアリーナ
  • 能力者と称する人々
  • マスメディアの光と影)
  • 第3部 封印は破られるか(心の法則をもとめて
  • 予知-物理学への挑戦
  • 意識に共鳴する機械
  • 霊魂仮説について考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超心理学 : 封印された超常現象の科学
著作者等 石川 幹人
書名ヨミ チョウシンリガク : フウイン サレタ チョウジョウ ゲンショウ ノ カガク
書名別名 Choshinrigaku
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 2012.9
ページ数 385p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-314-01098-6
NCID BB10058019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想