正岡子規

ドナルド・キーン 著 ; 角地幸男 訳

西洋文明の衝撃により日本の伝統文化が危機に瀕するさなか、「ホトトギス」を創刊、「写生」という新たな手法で、俳句と短歌を改革し、国民的文芸にまで高めた子規。幼いときの火事体験から、最晩年の過酷な闘病生活まで丹念にたどる子規評伝の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 士族の子-「弱味噌の泣味噌」だった幼少時代
  • 哲学、詩歌、ベースボール-実は「英語が苦手」ではなかった学生時代
  • 子規の歌-初めての喀血、「畏友」夏目漱石との交遊
  • 小説『銀世界』と『月の都』の作者-僕ハ小説家トナルヲ欲セズ詩人トナランコトヲ欲ス
  • 従軍記者子規、唐土へ渡る-恩人・陸羯南と新聞「日本」
  • 「写生」の発見-画家中村不折との出会い、蕪村の俳句
  • 俳句の革新-伊予松山で雑誌「ほとゝぎす」発刊
  • 新体詩と漢詩-胸を打つ「父の墓」「老嫗某の墓に詣づ」、そして「正岡行」
  • 短歌の改革者子規-『歌よみに与ふる書』十篇、橘曙覧の歌の発見
  • 随筆『筆まかせ』から『松蘿玉液』『墨汁一滴』へ-ひたすら「生きて、書き続ける」という奇跡
  • 随筆『病牀六尺』と日記『仰臥漫録』-死に向かっての「表」と「裏」の世界
  • 辞世の句-友人・弟子の証言、子規の功績

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正岡子規
著作者等 Keene, Donald
角地 幸男
キーン ドナルド
書名ヨミ マサオカ シキ
書名別名 Masaoka shiki
出版元 新潮社
刊行年月 2012.8
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-331708-1
NCID BB10148359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想