原発依存の精神構造 : 日本人はなぜ原子力が「好き」なのか

斎藤環 著

こころに刻まれた"トラウマ"、日本人の心に潜む奇妙な共依存関係の正体。精神科医による、まったく新しい脱原発論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 被災した時間
  • 未来は今
  • 追悼と確率
  • 反象徴と"反復"
  • 換喩化のドライブ
  • リスクと贈与
  • 核と原子力-両価性の起源
  • 創造的回復は可能か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発依存の精神構造 : 日本人はなぜ原子力が「好き」なのか
著作者等 斎藤 環
書名ヨミ ゲンパツ イゾン ノ セイシン コウゾウ : ニホンジン ワ ナゼ ゲンシリョク ガ スキ ナノカ
書名別名 Genpatsu izon no seishin kozo
出版元 新潮社
刊行年月 2012.8
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-314052-8
NCID BB10225085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想