江戸の天文学 : 渋川春海と江戸時代の科学者たち

中村士 監修

『天地明察』の主役・渋川春海(安井算哲)、ライバル・関孝和、天体観測が趣味の徳川吉宗…。日本の科学の底力がわかる!天文と暦に命を賭けた江戸の男たちの偉業。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸天文ブームの先駆け、渋川春海(日本人初の実測による星図
  • 日本の天文学事始め
  • 天文暦学のパイオニアとなった渋川春海
  • 授時暦に熱中した算聖・関孝和
  • なぜ春海は改暦に成功したのか?
  • 貞享暦の側面)
  • 第2章 江戸天文学のパトロン、天文将軍・徳川吉宗(実利的な学問を目指し、自ら天体観測
  • 洋書の解禁を進言した二人の数学者
  • 改暦をめぐる天文方と土御門家の対立
  • 江戸時代の天文台の役割とは?
  • 吉宗が愛用した天体観測機器
  • 日本人の暦好きから発展した多彩な暦)
  • 第3章 なにわの天文学者、麻田剛立とその弟子たち(近代的な天文学研究の父・麻田剛立
  • 西洋天文学による最初の改暦
  • 理論天文学に優れた下級武士・高橋至時
  • 天体観測機器の開発に貢献-間重富
  • 「地動説」を紹介した長崎通詞
  • 天才技術者・国友藤兵衞の反射望遠鏡
  • 天体観測を取り入れて測量した伊能忠敬)
  • 第4章 地方で活躍した技術者・研究者(望遠鏡をビジネスに-岩橋善兵衛
  • 日本初の「天体観望会」とは?
  • マルチな科学者、讃岐の久米通賢
  • 加賀藩の天文学を牽引した西村太冲
  • 加賀藩の優れた研究者たち
  • プラネタリウムをつくった田中久重)
  • 第5章 幕末に活躍した天文学者たち(獄死した悲劇の天文方-高橋景保
  • 日本初、星の等級を区別した星図
  • 天保暦を完成させた渋川景佑
  • 幕末天文方の日常と生活
  • 明治改暦の舞台裏)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の天文学 : 渋川春海と江戸時代の科学者たち
著作者等 中村 士
書名ヨミ エド ノ テンモンガク : シブカワ ハルミ ト エド ジダイ ノ カガクシャタチ
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.8
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-653265-7
NCID BB1002080X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想