生きのびるためのがん患者術 : 伝わる「ことば」の使い方

青木晴海 著

「ことば」にすることで、大切な毎日が、より充実したものに…がんの告知を受け、入院し、抗がん剤の治療を受けるとき、当事者である患者がみずからの心や体の状況を「ことば」にして医師や看護師、同室者に積極的に伝えていきたい。そのことで、治療方法や入院の日々が変化し、QOLも向上する。実践的な経験を、入院時の友だちによるサポートチームやがん友だちとのつながりなど具体的な事例とともに綴ります。自身の体験からうまれた「がん患者便利帳」も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 肺がんになって
  • 2 内科に再入院
  • 3 支え
  • 4 病院における人間関係
  • 5 転移
  • 6 治験
  • 7 これから
  • 終わりにかえて-ミラクルが起きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きのびるためのがん患者術 : 伝わる「ことば」の使い方
著作者等 青木 晴海
書名ヨミ イキノビル タメ ノ ガンカンジャジュツ : ツタワル コトバ ノ ツカイカタ
書名別名 Ikinobiru tame no gankanjajutsu
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.8
ページ数 218,22p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-022193-1
NCID BB10200787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想