六蓮国物語  3 (宮廷のニセ御使い)

清家未森 著

敬愛する太子をお守りするため、上官の季隆と偽装婚約の契約を交わしている太子近衛武官・結蓮は、憧れの恩人・翠玉の御使い様と文通を行う日々。ところが、結蓮に婚約を迫っていた太子の兄将軍・崇怜が、翠玉の御使いは自分だと言い出した!?一方、花街では、妓女が妖怪に襲われるという事件が相次いでいた。結蓮は、事件解決のため妓女に扮することになるけれど!?大人気の中華皇宮ファンタジー、第3弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 六蓮国物語
著作者等 清家 未森
書名ヨミ ロクレンコク モノガタリ
シリーズ名 角川ビーンズ文庫 BB64-20
巻冊次 3 (宮廷のニセ御使い)
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.9
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-100418-0
全国書誌番号
22143776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想