ガブリエラ戦記  5 (白兎騎士団の雌状)

舞阪洸 著

騎士団の拠点に迫るシギルノジチの侵攻軍。その動きに対して、本格的に盆地制圧に乗り出すバロス三世が講じたのは、毒をもって毒を制する策-捕虜であるレフレンシアの解放だった!白兎騎士団の目前に迫るは、ヴィネダが先遣部隊を率いるシギルノジチ軍、後ろから迫るはバロス三世が放ったルーアル・ソシエダイ軍。牽制しながらも進軍する二大国へ対抗すべく、遂に再会を果たしたガブリエラとレフレンシアが動きだす-!最強乙女伝説、待望の第5巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガブリエラ戦記
著作者等 舞阪 洸
書名ヨミ ガブリエラ センキ
書名別名 Gaburiera senki
シリーズ名 ファミ通文庫 ま1-3-5
巻冊次 5 (白兎騎士団の雌状)
出版元 エンターブレイン
角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.9
ページ数 348p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-728303-9
全国書誌番号
22153594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想