中世文化と浄土真宗

今井雅晴先生古稀記念論文集編集委員会 編

[目次]

  • 1 中世文化の中の浄土真宗
  • 2 法然から親鸞へ
  • 3 親鸞の思想
  • 4 親鸞とその家族
  • 5 親鸞とその門弟
  • 6 浄土真宗の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世文化と浄土真宗
著作者等 今井雅晴先生古稀記念論文集編集委員会
書名ヨミ チュウセイ ブンカ ト ジョウド シンシュウ
出版元 思文閣
刊行年月 2012.8
ページ数 642p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1636-9
NCID BB10098895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「二河白道の譬喩」伝播の鳥瞰的考察 山本浩信
「御文」にみる専修念仏言説の一特質 神田千里
「本願寺」成立の再考 林蕙如
『教行信証』の不思議さの読解. その1 「化身土」の「弁正論」の引用について 張偉
佛光寺発展の意義 楠正亮
初期真宗門徒における師と弟子 植野英夫
北方地域と浄土真宗 佐々木馨
天文期加賀における「超・本両寺体制」の再検討 大溪太郎
存覚、顕密寺院と修学文化 ブライアン・小野坂・ルパート
建永の法難と九条兼実 平雅行
恵信尼と同時代を生きた三善氏 樋川智美
悲しき学び 田村晃徳
本願寺歴代宗主の伝道 髙山秀嗣
法然の残影 市川浩史
浄土真宗における恵信尼について ジェームズ・C.ドビンズ
田辺元の『懺悔道としての哲学』における親鸞解釈 末木文美士
真宗三尊考 飛田英世
真宗史における善鸞伝私考 御手洗隆明
穢と不浄をめぐる神と仏 山田雄司
空海の御影とその儀礼環境 阿部龍一
蓮如の善知識観 黒田義道
覚如と呪術信仰 小山聡子
親鸞と良忠 永村眞
親鸞における臨終行儀の否定 ジャクリン・ストーン
親鸞の「転入」の解釈学 ヒロタ・デニス
親鸞の聖徳太子 佐藤弘夫
親鸞伝の新展開 今井雅晴
親鸞門弟中における「沙門」と「沙弥」 山田雅教
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想