新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす : もうひとつの安全神話

水野玲子 著

2009年、日本全国の2億匹のミツバチが死んだ-その原因とされるのが、フランスでは禁止されながら「ネオニコチノイド安全神話」により、日本では10年で3倍に増加した新農薬だ。ネオニコチノイドは、人間への神経毒性があり、子どもたちの未来をも脅かす。NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議(JEPA)、およびNPO法人化学物質による大気汚染から健康を守る会(VOC研)理事をつとめる著者が、最新データをもとにその危険性を追及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ミツバチの被害は人間まで
  • 2 新農薬ネオニコチノイドが日本を襲う
  • 3 進む海外の対応
  • 4 封印される農薬説、日本-ミツバチを殺したのは誰?
  • 5 農薬大国の日本
  • 6 動き始めた市民運動と専門家たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす : もうひとつの安全神話
著作者等 水野 玲子
書名ヨミ シンノウヤク ネオニコチノイド ガ ニホン オ オビヤカス : モウ ヒトツ ノ アンゼン シンワ
書名別名 Shinnoyaku neonikochinoido ga nihon o obiyakasu
出版元 七つ森書館
刊行年月 2012.9
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8228-1256-0
NCID BB10533804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想