DUNAMIS15

関涼子 著

人類が激減した壊滅的な戦争から数年。その爪痕は出生率の低下を招き、種の存亡への危機感を煽っていった。そこで日本政府は、シェルターを兼ねた施設群「デュナミス・ベース」を離島に建設し、戦災孤児たちを厳重に保護、育成する政策を打ち出した。デュナミス・ベースの教育施設となるセレス学園。笑顔の絶えないこの学園で、生徒たちは将来の夢を語り合い青春を謳歌していた。だが、平穏な学園の裏側には残酷な実態が潜んでいた。それは、遺伝子保存の研究施設であり、生徒たちは遺伝子の牧場で完全管理される羊のような存在なのであった。原作ゲームとは異なる主人公の視点から描かれる、『DUNAMIS15』ノベライズに加え、原案となった小説、『デュナミスの羊』を特別収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DUNAMIS15
著作者等 関 涼子
書名ヨミ デュナミス フィフティーン
出版元 TOブックス
刊行年月 2012.8
ページ数 455p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86472-034-2
全国書誌番号
22142188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
DUNAMIS15 関 涼子
デュナミスの羊 関 涼子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想