河内金剛寺の中世的世界

堀内和明 著

河内金剛寺の存在を通して寺辺一帯の中世的世界に迫る。天野山金剛寺は承安二年(1172)に高野山の別院として開創され、南北朝および戦国の内乱をしたたかに生きぬいた一山寺院である。本書は南朝中心史観の呪縛を脱して、金剛寺を核とした寺辺一帯を中世地域史に位置づける初の試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天野山金剛寺の草創と展開-『金剛寺結縁過去帳』をめぐって
  • 第2章 南北朝内乱と河内国金剛寺の政治的様態
  • 第3章 天野合戦と金剛寺々辺の中世城郭
  • 第4章 応安六年天野・長野合戦と年号問題
  • 第5章 金剛寺の中興阿鑁に関する覚書
  • 第6章 助松道正と天野山金剛寺
  • 第7章 河内の国酒「天野」に関する一考察
  • 第8章 中世一山寺院の空間構成と地域権力-金剛寺を中心とした素描

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 河内金剛寺の中世的世界
著作者等 堀内 和明
書名ヨミ カワチ コンゴウジ ノ チュウセイテキ セカイ
書名別名 Kawachi kongoji no chuseiteki sekai
シリーズ名 上方文庫 38
出版元 和泉書院
刊行年月 2012.8
ページ数 215p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7576-0629-6
NCID BB09998538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想