円はなぜ強いのか : ユーロ危機が加速する世界経済の大転換

榊原英資 著

ヨーロッパは金融と為替は統合したものの、財政危機によって分裂し始めました。当面、ドラスティックな対策が打てない中で、次第にユーロは減価していきます。欧米と新興国を含めた世界経済は減速局面にあります。日本経済は相対的には順調であり、当面、消去法的に円が買われる流れが続くでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパ危機で西洋の没落が始まった
  • 第2章 リオリエント
  • 第3章 為替レートから読むグローバル経済
  • 第4章 日本経済に起きている構造変化
  • 第5章 自虐的な日本悲観論
  • 第6章 パラダイム・シフト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円はなぜ強いのか : ユーロ危機が加速する世界経済の大転換
著作者等 榊原 英資
書名ヨミ エン ワ ナゼ ツヨイ ノカ : ユーロ キキ ガ カソク スル セカイ ケイザイ ノ ダイテンカン
書名別名 En wa naze tsuyoi noka
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.9
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-492-39573-8
NCID BB10298067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想