入門医療政策 : 誰が決めるか、何を目指すのか

真野俊樹 著

高齢者医療費の増大、TPP参加と皆保険制度等、日本の医療は嵐のなかにある。また、医療者・政府・患者等、関係者の利害対立も激しさを増している。これまでは"カンと度胸"で決定されてきた医療政策も、いまやデータの裏付け・検証や理論に基づく施策が求められている。本書は、医療政策の課題、学問的裏付け、決定過程の実態、諸外国の例、今後の展望について解説し、新たな学問としての医療政策学の必要性を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現在の医療の政策課題
  • 第2章 日本の医療の歴史と特徴
  • 第3章 医療政策を支える学問-医療経済学
  • 第4章 医療を支える学問-経済学以外の学問
  • 第5章 諸外国の医療政策と医療の実態
  • 第6章 日本の医療政策のプレーヤーとスタンス
  • 第7章 日本の医療政策における対立の本質
  • 第8章 日本の医療の今後と政策への提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門医療政策 : 誰が決めるか、何を目指すのか
著作者等 真野 俊樹
書名ヨミ ニュウモン イリョウ セイサク : ダレ ガ キメルカ ナニ オ メザス ノカ
書名別名 Nyumon iryo seisaku
シリーズ名 中公新書 2177
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.8
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102177-9
NCID BB09976513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想