西巷説百物語

京極夏彦 著

どうにもならぬことをどうにかする裏商売、舞台は江戸から大坂へ。仕掛けるは御行の又市が朋輩、靄船の林蔵。帳屋の看板を掲げる優男が絵草紙版元"一文字屋"から請け負うは、生者を彼岸に導く狂言仕事。口先三寸の嘘船に乗り、気づかぬうちに絡めて取られ、通らぬ筋が一本通る。踊る亡者を前にして、露わになるのは真情か-いくつかの巷説を経、林蔵が大坂を離れた十六年前の「失敗り」、その真相が明らかになる。これで終いの金比羅さんや-第二四回柴田錬三郎賞受賞作品。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西巷説百物語
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ ニシ ノ コウセツ ヒャクモノガタリ
シリーズ名 BIBLIOTHEQUE 73-7
C・NOVELS 73-7
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.8
ページ数 613p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-501213-1
全国書誌番号
22155711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想