40年後の『偶然と必然』 : モノーが描いた生命・進化・人類の未来

佐藤直樹 著

世界的ベストセラーの問いかけに私たちはどう答えるのか。分子生物学の黎明期に、初めて人間と生命の神秘にせまったジャック・モノー。その思想を原典から読み解き、40年後のいま、モノーに答える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 モノーの人物像と業績
  • 第2章 『偶然と必然』のキーワード
  • 第3章 モノーが書いた『偶然と必然』の実像
  • 第4章 『偶然と必然』に対する批評の検討
  • 第5章 再話された『偶然と必然』
  • 第6章 「偶然」と「必然」の意味を考える
  • 第7章 『偶然と必然』における主要な概念と論理
  • 第8章 現代の科学的知識から見たモノーの科学と哲学
  • おわりに 四〇年後のいま、モノーに答える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 40年後の『偶然と必然』 : モノーが描いた生命・進化・人類の未来
著作者等 佐藤 直樹
書名ヨミ ヨンジュウネンゴ ノ グウゼン ト ヒツゼン : モノー ガ エガイタ セイメイ シンカ ジンルイ ノ ミライ
シリーズ名 偶然と必然
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.8
ページ数 16,276,70p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-063333-8
NCID BB09910016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想