明烏の女

小杉健治 著

栄次郎を尾行する女の出現が、連続失踪事件の予兆であった。田宮流抜刀術の達人で、三味線杵屋流の名手、矢内栄次郎は、深川の遊女おしまから妹分おさんの行方を調べてほしいと頼まれ、早速、着手するが、やがて第二第三の失踪事件が浮上し、しかも自分の名で、女達が誘き出されたことを知る。誰が?何の目的で仕組んだ罠と犯行なのか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明烏の女
著作者等 小杉 健治
書名ヨミ アケガラス ノ オンナ
書名別名 Akegarasu no onna
シリーズ名 栄次郎江戸暦 8
二見時代小説文庫 8
出版元 二見書房
刊行年月 2012.9
ページ数 317p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-12114-7
全国書誌番号
22153628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想