「普天間」交渉秘録

守屋武昌 著

元防衛事務次官が綴った膨大な量の日記。詳細に記された自身や交渉相手の発言内容、行動から浮かび上がるのは、一向に進展をみせない「普天間問題」の真相であった。霞が関、永田町、アメリカ、そして沖縄。手練手管の「引き延ばし」「二枚舌」で解決を妨げているのは、誰なのか-。互いの思惑が錯綜する交渉の、最前線を見つめた著者が明かす、国民に隠された基地問題のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 在日米軍再編へ
  • 第2章 「引き延ばし」と「二枚舌」
  • 第3章 十年の時を経て
  • 第4章 防衛庁の悲願
  • 第5章 不実なのは誰なのか
  • 第6章 普天間はどこへ行く
  • 将来に向けての日本の防衛

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「普天間」交渉秘録
著作者等 守屋 武昌
書名ヨミ フテンマ コウショウ ヒロク
シリーズ名 新潮文庫 も-36-1
出版元 新潮社
刊行年月 2012.9
ページ数 472p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-136661-6
NCID BB09997535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想