ハイデガー拾い読み

木田元 著

ハイデガーとは何者なのか?名著『存在と時間』を残したドイツの哲学者であり、戦中にはナチスに加担した学者でもある。しかし彼の面白さ、不思議さはそこだけには止まらない。「人柄は嫌いだが、著作は好き」という著者が、無類の面白さを誇る「講義録」を繙きながら、思想家としての構想の雄大さや圧倒的に優れた西洋哲学史家としての魅力を浮かび上がらせる。画期的な哲学授業。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回 ハイデガーの講義録の面白さ
  • 第2回 "実在性"と"現実性"はどこがどう違うのか
  • 第3回 「世界内存在」という概念の由来
  • 第4回 ハイデガーの悪癖
  • 第5回 古代存在論は制作的な存在論である
  • 第6回 自然について
  • 第7回 プラトンと哲学の発足
  • 第8回 「世界内存在」再考
  • 第9回 専門的常識の誤り
  • 第10回 プラトンとアリストテレス、キルケゴールとニーチェ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデガー拾い読み
著作者等 木田 元
書名ヨミ ハイデガー ヒロイヨミ
書名別名 Haidega hiroiyomi
シリーズ名 新潮文庫 き-33-2
出版元 新潮社
刊行年月 2012.9
ページ数 271p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-132082-3
NCID BB09998571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想