大江健三郎・志賀直哉・ノンフィクション-虚実の往還-

一條孝夫 著

私小説の方法を逆用することによって新しいナラティブを現実化した大江健三郎、実生活を無媒介に表白する私小説の作家と目されながら、見かけ以上に複雑な構造の小説を書いた志賀直哉、さらには、実記でありながら、その根拠となる事実からの脱化を内的要請とする(明治期の)ノンフィクションの多様な試みを読解する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大江健三郎と周縁(辺境)(大江健三郎と六〇年代の「アメリカ」-ラルフ・エリスンのいわゆる「多様性」をめぐって
  • 大江健三郎と北方少数民族-われらの内なるギリヤーク人 ほか)
  • 2 大江健三郎と先行文学(大江健三郎と志賀直哉-「自己探検」の旅程
  • 大江健三郎と谷崎潤一郎-関係性の阻害 ほか)
  • 3 志賀直哉(「大津順吉」の二元的な自己-志賀直哉とツルゲーネフ
  • 「城の崎にて」-境界領域の病理 ほか)
  • 4 明治期のノンフィクション(石井研堂『日本漂流譚』-孫太郎漂流記の場号
  • 乾坤一布衣『最暗黒之東京』-貧民窟探訪記の成立 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大江健三郎・志賀直哉・ノンフィクション-虚実の往還-
著作者等 一条 孝夫
書名ヨミ オオエ ケンザブロウ シガ ナオヤ ノンフィクション キョジツ ノ オウカン
シリーズ名 近代文学研究叢刊 50
出版元 和泉書院
刊行年月 2012.8
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7576-0628-9
NCID BB09997841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想