『黒いアテナ』批判に答える  下

マーティン・バナール 著 ; 金井和子 訳

25年前に出版されるや大反響を巻きおこしたバナール著『黒いアテナ』。向けられた批判の一つ一つに答えたのが本書である。彼の提唱する「改訂版古代モデル」が、本書ではより明快に説明され、古代ギリシア文化がエジプト、レヴァントなどからの影響を受けて発達した混合文化だったと主張し、文化の混交がもたらす豊かな実りと革新の重要性に注目している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5部 科学(ギリシアに科学の奇跡はあったか-ロバート・パルターに答える
  • 西洋科学起源論を批判する)
  • 第6部 広がる学問的関心-最近の動き(エジプト抜きのギリシア美術と王子抜きの『ハムレット』-サラ・モリス『ダイダロスとギリシア美術の起源』を論ずる
  • 革命は一回か複数回か-ヴァルター・ブルケルト『オリエント化革命 初期アルカイック時代のギリシア文化と近東の影響』を論ずる
  • 行く手にある山-マーティン・ウェスト『ヘリコン山の東壁 ギリシアの詩と神話にみる西アジア的要素』を論ずる
  • 古代ギリシアにみるフェニキアの政治とエジプトの正義)
  • 第7部 普及の努力(ウェルズリー戦線異状あり-メアリー・レフコヴィッツ『アフリカ起源ではない』を論ずる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『黒いアテナ』批判に答える
著作者等 Bernal, Martin
金井 和子
バナール マーティン
書名ヨミ クロイ アテナ ヒハン ニ コタエル
書名別名 BLACK ATHENA WRITES BACK

Kuroi atena hihan ni kotaeru
シリーズ名 黒いアテナ
巻冊次
出版元 藤原書店
刊行年月 2012.8
ページ数 p464~811
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89434-864-6
NCID BB09636300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想