間違っていた糖尿病治療 : 科学的根拠に基づく糖尿病の根本的治療

大櫛陽一 著

長く異端視してきた日本糖尿病学会でも、やっと議論が活発になった「糖質制限食」は、ダイエット、アンチエイジング、スポーツ栄養学、脳の老化予防などにも大きな効果のあることが分かってきた。その科学的根拠。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「糖尿病」の本質
  • 2 間違っている糖尿病治療
  • 3 科学的エビデンスに基づく根本的な糖尿病治療
  • 4 臨床で用いられている糖質制限食の比較
  • 5 ケトン誘導食の展望
  • 6 コレステロール革命
  • 7 ナイチンゲールの功績
  • 8 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 間違っていた糖尿病治療 : 科学的根拠に基づく糖尿病の根本的治療
著作者等 大櫛 陽一
書名ヨミ マチガッテ イタ トウニョウビョウ チリョウ : カガクテキ コンキョ ニ モトズク トウニョウビョウ ノ コンポンテキ チリョウ
出版元 医学芸術社
刊行年月 2012.9
ページ数 127p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-87054-331-7
NCID BB10390944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想