ブラジル : 跳躍の軌跡

堀坂浩太郎 著

軍事政権からの民主化、巨額の債務国から債権国への転換、女性大統領の誕生、そしてGDP世界6位に-。この四半世紀余りに劇的な変化を遂げたブラジル。発展の軌跡を、政治、経済、社会、対外関係からたどり、その実相に迫る。民主化はどう展開したのか、経済発展の原動力は何か、そして、どのような課題が残されているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブラジルは、いま(初の女性大統領
  • 経済の飛躍と歴史的段階
  • 貧困撲滅、そして社会統合・国家統合へ)
  • 第2章 軍政から民主制へ-体制移行と政治・経済の変容(軍事政権の誕生
  • 軍政の正統性
  • 軍部の退出
  • 文民政権と政治の混乱
  • 経済危機の克服
  • 成長軌道
  • 米欧金融危機、試される実力)
  • 第3章 新生ブラジルの制度設計-改革の積み重ね(国のかたち-大統領制、連邦制、民主憲法
  • 選挙・政党・文民統制
  • 変わる政治風土・政治文化
  • 民営化と外貨参入
  • 金融安定化のシステム
  • 政府・企業・市民社会の協働
  • 多様な人々の包摂-社会の統合にむけて
  • 貧困克服のための制度-ボルサ・ファミリア、最低賃金
  • 教育改革-人的能力の引き上げ)
  • 第4章 世界の表舞台へ-その原動力は何か(姿を変えた資源大国
  • 広大な国土の活用
  • 環境との折り合い
  • 内需の拡大-消費パワー
  • 変わる生活と就労スタイル
  • 産業力・企業力
  • 高まる国際プレゼンス-G20と「大統領外交」
  • 広がる貿易パートナー-全方位外交と対米・対中関係
  • 隣接国との結びつき-メルスコールと南米諸国連合
  • 国際化の進展)
  • 終章 日本とブラジル-遠くても近い国に(長い歴史と重層的関係
  • 相互補完関係を超えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブラジル : 跳躍の軌跡
著作者等 堀坂 浩太郎
書名ヨミ ブラジル : チョウヤク ノ キセキ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1380
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.8
ページ数 207,11p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431380-9
NCID BB09933463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想