虎王の祝祭

神楽日夏 著

ゲリラの襲撃で崖から落ち、見知らぬ砂漠の宮殿で目覚めた摩那。彼の視界に最初に飛び込んできたのは印象的な金の瞳。そして気づけば、何も纏わぬ体を、共に育ち慈しんだ虎と同じ『王』の名を持つ青年に抱きしめられていた。呆然と受け入れる、初めてのキス。舌を絡めてくる生々しい感触に体の奥までかき回される気がする。信じられない事をされているのにも拘らず、嫌悪はなかった。それよりも不安を抱く摩那に与えられる温もりは心地よくて…。アルハラードシリーズ文庫化第二弾。愛情いっぱいの書き下ろし有り。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虎王の祝祭
著作者等 神楽 日夏
書名ヨミ トラオウ ノ シュクサイ
書名別名 Torao no shukusai
シリーズ名 Rose Key BUNKO r-16
出版元 ブライト
刊行年月 2012.8
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-86123-259-6
全国書誌番号
22198360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
楽園の日々 神楽 日夏
虎王の祝祭 神楽 日夏
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想