歴史を考えるヒント

網野善彦 著

日本、百姓、金融…。歴史の中で出会う言葉に、現代の意味を押しつけていませんか。「国名」は誰が決めたのか。「百姓=農民」という誤解。そして、聖なる「金融」が俗なるものへと堕ちた理由。これらの語義を知ったとき、あなたが見慣れた歴史の、日本の、世界の風景が一変する。みんなが知りたかった「本当の日本史」を、中世史の大家が易しく語り直す。日本像を塗り替える名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「日本」という国名
  • 2 列島の多様な地域
  • 3 地域名の誕生
  • 4 「普通の人々」の呼称
  • 5 誤解された「百姓」
  • 6 不自由民と職能民
  • 7 被差別民の呼称
  • 8 商業用語について
  • 9 日常用語の中から
  • 10 あとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史を考えるヒント
著作者等 網野 善彦
書名ヨミ レキシ オ カンガエル ヒント
シリーズ名 新潮文庫 あ-73-1
出版元 新潮社
刊行年月 2012.9
ページ数 222p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-135661-7
NCID BB09998902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想