阿修羅 : 悪行の聖者聖徳太子

篠﨑紘一 著

仏教こそが民を救い、律令国家への道を開く、と信じる摂政・厩戸皇子は、国難に直面する。隋の煬帝が厩戸の国書に激怒したのだ。仏教を信じる者同士がなぜ分かり合えないのか?日本を戦火から守るため、厩戸は奇策を用いるが、大臣・蘇我馬子ら豪族勢は不穏な動きを見せる。妃・刀自古郎女との関係も冷え切り、理想と現実の狭間で公私とも孤立を深める厩戸。出生の秘密と血塗られた過去を胸に、ついに下した決断とは-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿修羅 : 悪行の聖者聖徳太子
著作者等 篠崎 紘一
書名ヨミ アシュラ : アクギョウ ノ セイジャ ショウトク タイシ
シリーズ名 角川文庫 し43-2
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.8
ページ数 346p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-100430-2
NCID BB10073340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想