長い廊下がある家

有栖川有栖 著

廃村に迷い込み、辿り着いた"幽霊の出る"家。そこには、隣の家と地下で繋がる、長い長い廊下があった。一方、老夫婦の住む屋敷の離れには、ネズミ講で多くの人を騙し、かろうじて収監を免れた男が転がり込んでいた。あまり使われなくなった別荘では、事故とも自殺ともつかない転落死体が発見され、三つのコップの一つには、トリカブトの毒が入っている-。多彩な事件、鮮やかな解決、わだかまる人間心理の闇。苦味も極上の本格推理傑作集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長い廊下がある家
著作者等 有栖川 有栖
書名ヨミ ナガイ ロウカ ガ アル イエ
シリーズ名 KAPPA NOVELS
出版元 光文社
刊行年月 2012.8
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-07710-5
NCID BB11123874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想