零の凱歌  1 (マーシャル沖の飛翔)

遙士伸 著

戦艦『武蔵』建造中止-アメリカとの開戦が不可避となりつつある中、衝撃的な決定が海軍内を駆け巡った。日本は戦略方針を一大転換し、世界の常識だった大艦巨砲主義の殻を脱ぎすて、新戦力たる航空主兵主義を纏うことにしたのである。その中核的存在は、対米避戦を唱えながら皮肉にも陣頭に立つことになる山本五十六。戦争を望むのはアメリカの方であることを知り、やむなく勝利への準備を模索し始めたのである。その第一の成果が、航空技術者の総力を結集して開発した艦載機であった。米太平洋艦隊とマーシャル沖にて会敵した第一航空艦隊は、直ちにこれらを実戦に投入し、奇襲を敢行。スピードも性能も大幅に向上した零式艦上戦闘機二三型の大編隊が、世界最強艦隊を震撼の渦に巻き込んでいく。航空機の大いなる可能性に、帝国の未来を賭けた男たちを描く、待望の本格的シミュレーション・ノベル、第一巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 零の凱歌
著作者等 遥 士伸
遙 士伸
書名ヨミ ゼロ ノ ガイカ
書名別名 Zero no gaika
シリーズ名 コスモノベルス
巻冊次 1 (マーシャル沖の飛翔)
出版元 コスミック
刊行年月 2012.9
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7747-1200-0
全国書誌番号
22140607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想