蒼天の艦隊  2 (インド洋大海戦)

子竜螢 著

日米開戦から三カ月、連戦連勝で西太平洋を制圧した南雲機動部隊に対し、軍令部はインド洋の英国艦隊撃滅を命じた。だが、聯合艦隊司令長官・山本五十六はこの作戦に危惧を抱いていた。機動部隊が太平洋不在の間に、脆弱な防衛線を衝いて米空母部隊が東方から攻めてくる可能性は否定できないのだ。一方、二航戦司令長官・山口多聞少将はこの状況を逆手にとる作戦を発案。それはインド洋の戦いに注力しているように見せかけて米艦隊を誘き出し、これを待ち伏せするというものだった。かくして始まった英国東洋艦隊との激戦の最中、アメリカは動き出す。空母五隻、B25双発爆撃機七〇機と、大幅に増強されたドゥーリットル隊がハワイを出撃したのだ。これを察知した聯合艦隊は山口少将に向けて、極秘作戦符号『撫子』を打電。符号を受信した二航戦・撫子部隊は、米艦隊を迎え撃つべく内地に向かって驀進を開始した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蒼天の艦隊
著作者等 子竜 蛍
子竜 螢
書名ヨミ ソウテン ノ カンタイ
書名別名 Soten no kantai
シリーズ名 コスモノベルス
巻冊次 2 (インド洋大海戦)
出版元 コスミック
刊行年月 2012.9
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7747-1201-7
全国書誌番号
22140603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想