ナビゲーション「位置情報」が世界を変える

山本昇 著

自らの現在位置を確認し、目的の場所がどこにあるのかを把握し、どうすれば効率的にそこに辿り着けるのかを知る-。古来、「位置情報」は、人類にとってきわめて重要な問題であった。そのために、今も多くの人々の献身的な努力が積み重ねられている。羅針盤に頼った大航海時代から、航空機やロケット出現の時代を経て、カーナビやスマートフォンへといたる歴史には、人類の驚くべき知恵と工夫が蓄積されている。我々に多大な恩恵を与え、今なお発展し続けているナビゲーションについて、具体例を挙げつつ分かりやすく論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大航海時代の幕開きと地球球体説の実証
  • 第2章 精密海洋時計の開発とイギリスの七つの海の制覇
  • 第3章 ロランの開発とパックスアメリカーナ
  • 第4章 慣性航法システム及びGPSの開発
  • 第5章 ナビゲーションの現在と将来
  • 第6章 人類は技術開発の進歩についていけるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナビゲーション「位置情報」が世界を変える
著作者等 山本 昇
書名ヨミ ナビゲーション イチ ジョウホウ ガ セカイ オ カエル
書名別名 Nabigeshon ichi joho ga sekai o kaeru
シリーズ名 集英社新書 0655
出版元 集英社
刊行年月 2012.8
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720655-5
NCID BB09949576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想