原発と原爆

有馬哲夫 著

日本の原子力発電をリードしてきた権力者たちには、核オプションを持つという戦略があった。米英の機密文書から初めて明らかにされるイギリスを巻き込んでのプルトニウム確保、ロッキード事件へとつながる原発建設ラッシュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 広島に原発を建設?(3・11が原爆と原発をリンクさせた
  • 「広島に原発を」というイェーツ提案 ほか)
  • 第2章 なぜ、日本最初の原発はイギリス製だったか(正力の宣戦布告
  • プルトニウムへの執着 ほか)
  • 第3章 東海発電所と核武装(原子力委員長・佐藤栄作
  • 研究された核武装の可能性 ほか)
  • 第4章 ロッキード事件とウラン調達(原発建設ラッシュと核燃料
  • 田中角栄は濃縮ウランの大量輸入を決めた ほか)
  • 第5章 核なき核大国へ(カーターの核不拡散政策
  • NPTの穴 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発と原爆
著作者等 有馬 哲夫
書名ヨミ ゲンパツ ト ゲンバク : ニチベイエイ カク ブソウ ノ アントウ
書名別名 「日・米・英」核武装の暗闘

Genpatsu to genbaku
シリーズ名 文春新書 873
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.8
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660873-7
NCID BB09912543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想